So-net無料ブログ作成

早春の舎人公園野草見本園 [舎人公園での植物観察]

早春の舎人公園野草見本園

 

舎人公園野草見本園には100種以上の野草が生育していますが、冬の間は多くの種で枯れたような状態です。しかし、今の時期になりますと、春に咲く野草に大きな変化が現れます。今回は、カントウタンポポ、オオイヌノフグリ、スイバ、キュウリグサ、オトコエシ、トウダイグサの様子を紹介させていただきます。

-3acf5.jpg

カントウタンポポ(キク科、多年草): 2月下旬より咲きはじめ、例年よりやや早い開花のようです。花の形は普通ですが、花柄が短いのが寒い時期に咲く特徴なのでしょう。野草園には、そのほか、セイヨウタンポポ、カントウタンポポとセイヨウタンポポの中間種(雑種)、シロバナタンポポ、アカミタンポポ、モモイロタンポポが見られます。

-68545.jpg

オオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科、2年草): この種も温暖化の影響か、2月ごろから開花が確認され、現在では果実が出来上がっています。

-35870.jpg

オオイヌノフグリの果実(フグリ・陰嚢): 前回ご紹介の“図鑑にない野草”(2月25日)のコゴメイヌノフグリの果実と比べて見て下さい。オオイヌノフグリの果実(フグリ:陰嚢)はかなり扁平な形をしています。どこにでも生えているルリ色(瑠璃)の花を咲かせるオオイヌノフグリを見つけたら、フグリを探してみて下さい。フグリの大きさは幅6~7mmと小さいです。

-8c291.jpg

スイバ・スカンポ(タデ科、多年草): 舎人公園にはギシギシ類は何種類か生育しているのですが、スイバは存在しなかったので、種子から増やし、やっと多くの株が出来上がりました。私が子供の頃よく茎をかじった記憶があります。シュウ酸の酸っぱさが印象にあります。鳥取ではシンジャと言っておりました。まだ寒いので茎が短いのですが沢山の蕾が見られます。 

-29335.jpg

キュウリグサ(ムラサキ科、2年草): 春早く咲くのですが、なにせ花が小さく(写真)目立たない野草です。しかし、魅力的な野草です。それは、葉を揉んで臭いをかくと、なんとキュウリの香りそっくりです。そういう意味で人気のある野草です。どなたが付けたか知りませんが、ぴったりの名前です。

-7adc2.jpg           オトコエシ・男郎花(オミナエシ科、多年草) : この種も舎人公園には存在しませんでしたが、種子を入手し、育てて3年目です。2年目は開花しなかったのですが、今年は間違いなく咲くことでしょう。秋の七草のオミナエシ(女郎花)と同じ仲間ですが、花は白です。オミナエシより男らしい草姿から命名されたようです。

-1b067.jpg            トウダイグサ・燈台草(トウダイグサ科、2年草): 開花期の草姿が昔の燈台に似ているのでトウダイグサ。この写真では、それらしくありませんが、もう少し日日が経過すると燈台状になります。杯状花序を持つ珍しい野草です。開花期は4~6月ですが、もう開花間近です。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0