So-net無料ブログ作成

舎人公園野草園の春の野草 [植物観察]

舎人公園野草園の早春-春の野草を二回に分けて紹介させていただきます。初春に開花し終わった野草も含みます。また、一部落葉低木があります。写真はクリックして拡大して見て下さい。

オキナグサr.jpg

オキナグサ:キンポウゲ科多年草。花が終わった果実の長い綿毛が翁の髭に例えた。今年何とか越冬させ、来年も開花できるように管理する予定です

オドリコソウr.jpg

オドリコソウ:シソ科多年草。花の着き方が笠をかぶった踊り子たちが並んだ姿に似ている。ヒメオドリコソウはどこでも見られるがオドリコソウは珍しい。

カンアオイr.jpg

カンアオイ:ウマノスズクサ科多年草。ギフチョウの幼虫の食草。花は秋咲で3枚の萼片で構成されている。ウマノスズクサはジャコウアゲハの幼虫の食草。

キュウリグサ.jpg

キュウリグサ:ムラサキ科越年草。春一番にさき、葉を揉むとキュウリの香りがする。花の先端がカタツムリ状に丸くなる。

クラサキハナナ.jpg

ムラサキハナナ:アブラナ科越年草。別名オオアラセイト、ショカッサイ、ハナダイコン。江戸時代輸入したものが河原等に野生化。

コンニャク.jpg

コンニヤク:サトイモ科多年草。芽が出て間もない様子。この大きさなら5-6月開花します。食用蒟蒻芋は生子(キゴ)から3年物で出荷し、4年目で開花する。

シジミバナ.jpg

シジミバナ:バラ科落葉低木。別名エクボバナ、ハゼバナ、コゴメバナ。花は貝のシジミ(蜆)の身に似る。ユキヤナギより遅く開花。

スズランスイセンr.jpg

スズランスイセン:ヒガンバナ科多年草。スノ-フレ-クとも。花がスズランに似ている。

タンチョウソウ.jpg

タンチョウソウ:ユキノシタ科多年草。葉が幅の広いヤツデ状で岩場に生えイワヤツデとも。頑丈な根茎で株分けする。

ネモフィラr.jpg

ネモフィラ:ムラサキ科一年草。ルリカラクサとも。国営ひたち海浜公園は山全体が青一色になる。

バイモr.jpg

バイモ:ユリ科多年草。編笠山ユリとも。生薬の貝母。

ハハコグサ1.jpg

ハハコグサ:キク科越年草。母子草。春の七草。

ヒメリュウキンカ.jpg

ヒメリュウキンカ:キンポウゲ科多年草。夏に地上部が無くなる夏眠性。早春から開花。

フクジュソウr.jpg

フクジュソウ:キンポウゲ科多年草。早春開花、元日草、有毒。写真は開花が終わり、葉が茂った状態。

ブル-べり-.jpg

ブルーベリー:ツツジ科落葉低木。スズラン状の花が沢山着生。

ヤブレガサr.jpg

ヤブレガサ:キク科多年草。開花する個体は2枚の葉を着け、一枚の葉では開花しない。昨年は開花しませんでしたが今年は開花します。若い葉が破れ傘に似ている。

ヤマブキソウ.jpg

ヤマブキソウ:ケシ科多年草。花がヤマブキに似る。綺麗な花です。

ワラビ.jpg

ワラビ:シダ植物、コバノイシカグマ科。酸性土壌を好む。芽がでて間もない。

山桜桃梅r.jpg

ユスラウメ:バラ科落葉低木。梅桃、山桜桃梅。野草園のユスラウメはふくろみ病のため、幼果は細長い袋状に伸び食べられません(一部食べられる)。ふくろみ病の胞子で感染する。発芽前に石灰硫黄合剤散布が有効。


 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog